にーやんのブログ

三振したにーやんが再ローを経て司法試験に合格した物語である

祝!弁護士にーやん爆誕!

はいはいはい

超お久しぶりの
にーやんです。


はい。表題のとおり弁護士になりました。

5ヶ月目になります。

毎日大変ですが,少しずつ仕事にも慣れてきました。
いそ弁です。

三振して長いこと受験生だった自分は,未だに弁護士って実感はありません(笑)

でも,仕事は結構楽しいです。
大きな事件はまだやってませんが,色んな事件はやらせてもらっていて
ほんと毎日が勉強です(笑)

保全の申立てとか最近やりました。

1つめのローの友人に教えてもらったりして,頑張ってます。
2つめのローの友人にも助けられてます(笑)

結局,良い友だちを作るってことで,自分は助けられているなと実感してます。

1つめのローの友人なんかはもうすぐ10年目くらいだから結構長い弁護士経歴。
でも,保全って実際事件数ないんだなと改めて思った。
何年やっても,常に新しい事件と闘うのが弁護士なんだなー。

自分はそれが楽しいと思えるけど,ルーティンで楽したいと思う人にとっては苦痛かもしれない。
弁護士ってストレスのない職業ランキングで上位らしいけど,それは人による。
まず,人付き合いとか,会話するのが苦手な人は向いてないし,絶対にストレスたまる。

ストレスだと,国選でイライラしちゃうかどうかってのも大きいかも。
この数ヶ月で何人か被疑者接見して話したけど,話が通じない人も少なくない。
まぁその「通じない」って意味も接見するとだんだんわかると思う。

そういう人に,伝わるように話すことって結構難しい。
自分は国選だとストレートに伝える。性格なんだと思うけど。
こうしたらああだとか,情状の話してて,それはこれだとか。

そして,思った以上にどうしようもないしょうもない犯罪者ばっかりだということに,修習の経験を踏まえて確信することになる。
そういう人とどう付き合って,接見して,弁護活動するのか。
きっと大変。
自分は,依頼者のことを本気で考えてどうしたらいいのかとかも考えたりすると,親の年齢の人に説教したりしてしまう。
それは本気で
このままじゃいけない。
じゃあどうしたらいいのか?
っていうことを考えるから,そのままじゃだめだと思うとそういうことを説明してしまう。

自分の信じる考えだから,自分はそう気持ちを伝える。

実際,それで更生することができるかはわからない。
わからないけれども,自分のできることはそんなことしかない。

そんな面倒くさいことを常に考えています。
だから,こういうことをするのが苦手な人は弁護士には向いてないかも。
四大とか行って,国選とかやらず,常に一流企業の顧問関係の仕事してるだけなら,それでいいのかも。
自分はそんな仕事だけしたいとも思わないけど,そもそもそんないい身分じゃないから(笑)

でも,個人事件ででっかいのはほしいわ(笑)

尊敬する先生も,「バランス」って話をしてて,
常に離婚事件のドロドロは勘弁だけれど,
逆にきれいな事件だけってのも,面白くない,と。
色んな方向の事件で「バランス」のいい事件を仕事としてできれば楽しいだろうなということだと,
自分は解釈した。

だから,色んな事件を経験させていただいて,ある程度の裁量もあって,
結構,自分が正しいと思うようにやらせていただける
今の職場環境は,とてもありがたい。
四大がやるようなことから,誰もやりたがらない少額の事件までたくさんやらせてもらってます!

個人事件の報酬30パーセントはBOSSに入るけど(笑)

全然,それでもありがたい。
ただ,1年目はそういう諸費用(弁護士会費含む)を免除してくれてたらなぁ……
とか,わがまま言ってます。

三振で再ロー,予備チャレンジの人に対して最後に一言
弁護士になりたい
検察官,裁判官になりたい
そういう気持ちで頑張る人であれば,合格できるまでチャレンジしてください。
でも,なったところで,その職業で生きていくイメージを持てない人
なんとなく法曹三者になりたい人
そういう人は,仮に勉強して司法試験に合格しても,楽しくない人生だと思います。
これは私個人の意見ですけど。
弁護士になったところで,思ってたのとは違ってたっていう理由で辞める人は少なくありません。
その結果,弁護士になるまでの人生を無駄にする人もいます。
自分は15年くらいかけて勉強しました。
しかし,無駄じゃなかったですよ。
そういえる人生を,司法試験に合格した人には思ってほしいなと。
個人的な希望ですが。

色々と伝えたいですが,今日はこの辺で。

明日は起案するぞー!(今日は無駄に裁判所に出廷したからなぁ)。

実務家目指して受験生は,実務家になるための努力をしてください。
にーやんは応援してます。
くじけそうになったら,15年もくじけ続けたにーやんを思い出して!


ほなまたな!