にーやんのブログ

三振したにーやんが再ローを経て司法試験に合格した物語である

M-1グランプリは司法試験制度と同じ構造。の巻

体調すこぶる最悪な
にーやんでーす。
news.livedoor.com


M-1グランプリ観ました。

やっぱ最高ですわ。

芸人と司法試験ってちょっと似てる。
まぁ,M-1グランプリの1位になるほうが圧倒的に難しいわけですが。

実は,そもそもM-1グランプリが新司法試験制度が受験期間制限ができたのと同じ発想で,10年以内という制限がかけられたことを知る司法試験受験生はそれほど多くない。
こんな記事がある。

島田紳助は構想時に、出場資格を若手に限定したことについて、「昔の司法試験のように、30代になっても結果が出ない場合は、止めないと不幸である」と発言していた
M-1グランプリ - 概要 - Weblio辞書

司法試験はM-1グランプリと比較できないけれど,自分にとっては同じようなもんだったなって思いながら,久しぶりにM-1観れた。

「初めて司法試験を受験したのが,2008年で,2017年にやっと司法試験に合格したんや」

と,10年以上勉強頑張ってやっと受かったんやって改めて,今さら実感してました。

司法試験は,俺のM-1グランプリやったなぁ。
他方で,今日観てたら10年目でダメだった芸人も結構いて,司法試験以上に厳しい世界だなと思いました。
おもしろいか,おもしろくないか
こんな残酷すぎる平等な世界もないです。
司法試験は,ロースクールに行き直せば受験資格復活します。予備試験に合格してもそうです。
しかし,2人組の漫才師は,そんなに簡単にやり直しできません。夫婦みたいなものだから。
それでいえば,司法試験はまだましだなと思います。

三振,五振した人は,にーやんをみてください。
無様ですが,頑張りました!

再チャレンジするのも,違う道に行くのもありです。
自分の納得できる道を行きましょう!
俺も負けずに頑張るぞー!